Instagram / Facebook
2021-09-18 / 2016-05-20

これまでの企画展

明治の七宝

2016年5月20日(土)

2016年8月14日(日)

 江戸時代末期に尾張の梶常吉によって考案されたと伝えられる近代の七宝は、明治時代、尾張と京都を中心に目覚ましい発展をとげました。当時盛んに行われた万国博覧会にも多数出品され、世界に類を見ない日本の美しい七宝は、欧米の人々からの称賛を受け、日本の一大輸出産業となりました。その透明感のある色彩豊かな装飾は、制作されてから100年以上を経た現在でも、色鮮やかなまま見る者を幻想的な花鳥風月の世界に誘います。

 今展では、明治の七宝のなかでも特に人気の高かった並河靖之、濤川惣助、林小傳治、安藤重兵衛、川出柴太郎、粂野締太郎らが手掛けた名品の数々を展示します。

Information on the main pieces