清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


5月23日(土)〜8月16日(日)
 繊細できらびやかな装飾、洗練されたデザイン、手の平に乗る愛らしい大きさ、更に小さな箱がいくつも入っているものもあり、アクセサリーを入れてもよし、お菓子を入れてもよし、蒔絵の小箱はついつい集めたくなる要素を備えている。
 蒔絵は日本独自に発展した漆器の装飾技法で、幕末・明治期にその技は極致に達した。鎖国の開けた19世紀には、西洋人たちをも魅了し、おびただしい数の蒔絵の小品が海を渡っていった。元来お香を納めるために作られた小箱も少なくないが、その蓋をあける時、西洋の人々もまた、日本の風雅な遊びの面影をみることができたのかもしれない。
 今展では、欧米より里帰りした作品を含めた小箱、およそ60点を展示する。
表面:上より 花尽し蒔絵被せ付重小箱 / 飯塚桃葉 本形蒔絵香箱 / 春井恒眠
       菊寄蒔絵香合 / 白山松哉 羽寄蒔絵香合 / 小原春翠
       篝火蒔絵色紙重小箱 / 無銘 扇面蒔絵小箱 / 無銘
盆踊り蒔絵香合 / 飯塚桃葉 径7.6 高2.0 cm
荷葉蒔絵香箱 / 柴田是真 7.0×7.0×5.1 cm
群蝶蒔絵小箱 / 遊民 9.3×12.3×4.0 cm
 


特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。