清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2015年11月21日(土)〜2016年2月14日(日)
 江戸から明治にかけての時代は、金工、漆芸、彫刻などの手工芸の分野において、技法的にも芸術的にも頂点に達していた時代と言えます。江戸の太平の世の中で、身を飾り装うことを楽しむ人々が増えると、実用を兼ねた刀の拵や印籠、髪飾りなどの装身具の意匠は、高度な技を駆使して美的に洗練されていきました。
 しかし明治になると、武家社会の崩壊と生活様式の西洋化にともない、刀や印籠などの需要が激減し、制作に携わっていた多くの職人達が失業してしまいます。そうした中、懐中時計や帯留、指輪といった新しい装身具の需要が生まれ、優れた人材がこの市場に活路を求めました。そこには、江戸時代までに培われた一流の技術や感性が遺憾なく発揮され、花鳥風月や遊び心が表現された魅力的な作品が数多く生み出されました。
 今展では、刀装具や印籠、髪飾り、帯留、カフス、指輪など江戸から明治にかけて作られた装身具を展示します。人々の装いに華をそえた名品の数々をご高覧下さい。
@ 《小紋象嵌ブレスレット》2種
A 《庭の松図束髪簪》 鈴木美彦
B 《蝶牡丹蒔絵印籠》 梶川作銘
C 《玩具蒔絵櫛》 美雪銘
D 《金垢紋銀梅簪》
E 《秋草鶉図カフス》
 《獅子熊図カフス》 海野勝E
 《虫撰図カフス》 豊川光長
 《菊水図カフス》 海野勝E
F 《秋草に飛蝗図指輪》正阿弥勝義
 《菊花図指輪》正阿弥勝義
G 《草花図ペンダントトップ・ブレスレット》
H 《山水蒔絵櫛・笄》
I 《正月玩具蒔絵櫛》玉成銘
J 《紅葉賀図べっ甲簪》
 《葛蝙蝠蒔絵団扇形象牙簪》永政銘
 《べっ甲花簪》
K 《萩に鴨蒔絵櫛・簪》晋斎銘
L 《金花文玉簪》
M 《雨中曳舟図バックル》鈴木美彦
N 《蔦蒔絵櫛・笄》 永幸銘
O 《団扇に廻り灯籠蒔絵櫛》月耕銘
P 《風景蒔絵櫛・笄》永秀銘
Q 《柿に猿図簪》





特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。