清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2014年5月24日(土)〜8月17日(日)
 根付は巾着、煙草入れ、印籠などの提げ物を腰から下げる為の道具である。江戸初期の風俗画には既に根付を着用した人物達が描かれている。絵を見るとその当時の根付は象牙や竹を輪切りにしたものを用いていた事がわかる。
  江戸中期になると象牙や木を彫刻したものが現われ、江戸後期には金唐革の煙草入や豪華な蒔絵の印籠に合わせて手の込んだ彫刻の根付や蒔絵、金工のものも作られるようになった。
  根付は帯から吊す為、帯や着物を傷つけないよう、大きすぎず角張っていない形状のものが理想とされたが、明治時代に入って日本人の服装が洋装化していくと、実用性からはずれ、より繊細で写実的な作品が作られ、完全に観賞用の美術品へと変化していった。
  その中で頭角を現したのが森田藻己であった。
  今回の展示では藻一派の作品に加え、同時代の根付や、象牙彫刻の名工石川光明、安藤緑山、旭玉山らが手掛けた彫刻作品など、幕末・明治の繊細で写実的な超絶技巧の作品およそ160点を展覧する。





特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。