清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2012年2月24日(金)〜5月20日(日)
 印籠はもともと印鑑や朱肉を入れておく為の箱であった。それが腰に提げて持ち歩くようになり、さらに武士達が戦場に出かける際、中に薬を入れるようになったと言われている。
  江戸時代中期になると便利さ故、町人の間でも流行し、旅の必需品として男女を問わず使われだす。さらに江戸後期になると豪華な蒔絵で装飾された印籠が、男女のお洒落を演出する小道具として日常使われるようになった。
菊尽蒔絵印籠 / 柴田是真
Makie inro, full of chrysanthemums / SHIBATA Zeshin
群鶴図蒔絵印籠
Makie inro, frocks of cranes
 幕末・明治になると提げて歩くのがもったいない程の名品が作られるようになり、印籠は美術品と化し、一人で数十点の印籠を集める人も多く出てくるようになる。
  今展では世界中で最も高い評価を受けている、柴田是真、白山松哉をはじめ、観松斉(飯塚桃葉)、塩見政誠、山本春正、原羊遊斎といった名工達の最高傑作を中心に世界一の印籠コレクションを誇る清水三年坂美術館所蔵の名品を展示する。





特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。