清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2011年5月27日(金)〜8月21日(日)
※月・火曜日休館 Closed on Mondays and Tuesdays
 明治33(1900)年、私製葉書の製造、使用が認可されたのをきっかけに普及した日本の絵葉書。名所風景や美人を写したイラストや写真の絵葉書が多く作られ、特に日本を訪れる外国人の土産用として人気があった。明治37(1904)年に日露戦争が勃発すると、美人絵葉書は兵士の慰問用として戦地に送られ、需要が高まった。初期のものは白黒印刷に一枚一枚手彩色を施したものが多い。最初は芸妓をモデルにしたものが大半であったが、その後、芸妓だけでなく、女優や一般人の女性をモデルにしたものも多数出回り、中でもうたた寝をしている姿や楽器を持っている姿に人気があったようである。和装から洋装に移行する時代の日本女性達の写真を見ると、ノスタルジーもあるけれど、どこか不思議な美しさを漂わせており魅力的である。
photo / Kimura Yoichi
柿に猿図簪 / 無銘 
長18.2 cm
Hairpin with design of persimmons and monkeyes
団扇に回り灯籠図蒔絵櫛 / 月耕 
4.9 x 10.1 cm
Comb with design of round fan and revolving lantern
菊尽し蒔絵丸型印籠 / 無銘 
5.7 x 5.4 cm
Round shape inro with design of chrysanthemums
 今回の展示では、美人絵葉書に登場する女性達と同時代に作られた女性用の印籠や櫛、かんざし、帯留、化粧道具入、煙管、煙草入、ブレスレット、指輪などを中心に特に優れた名品を展示します。



特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。