清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2011年2月25日(金)〜5月22日(日)
 白山松哉(しらやましょうさい)(1853-1923)ほど魅力的な作品を残した蒔絵師はいない。どんな名工にも駄作があるものだが、松哉の作品には一切駄作がない。全ての作品が美しくて気品があり完璧なのである。決して妥協を許さない人だったに違いない。しかも作品は独創性に富み、他の作家の作品とは容易に区別がつく。それは図柄であったり、技法であったりするが、感性そのものの違いと言って良いだろう。
日月烏鷺図額 / 白山松哉
Pair of plaques, sun and herons, moon and crow
SHIRAYAMA Shosai

忍草図香合 / 白山松哉
Incense container with design of fern
SHIRAYAMA Shosai

花寄図棗 / 守屋松亭
Tea container with design of flowers
MORIYA Shotei
琴に横笛図小箱 / 鵜沢松月
Small box with design of koto and flute
UZAWA Shogetsu
 松哉は明治39年(1906)に帝室技芸員に任命された。蒔絵師としては柴田是真、川之辺一朝、池田泰真に次いで四人目の帝室技芸員である。又、東京美術学校(現、東京芸大)の漆芸科の教授としても活躍した。多くの優秀な弟子達を育てたことでも知られており、中でも守屋松亭(もりやしょうてい)、鵜沢松月(うざわしょうげつ)たちは多くの名品を残した。今回の展示では弟子達の作品も一緒に展示し、その共通点、相違点等も楽しんで頂けたらと思います。又、同時に松哉の息子で画家として活躍した白山春邦(しらやましゅんぽう)の作品も展示します。



特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。