清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2011年11月25日(金)〜2012年2月19日(日)
 日本人でも明治時代に素晴らしく美しい七宝作品が日本で作られていた事を知る人は少ない。いや逆に、日本人だけが知らないと言った方が良いかも知れない。なぜなら欧米の日本美術愛好家の間では明治の七宝の美しさは誰もが知っていて、人気が高いからである。
 かく言う私も明治の七宝をはじめて知ったのはニューヨークであった。今から20年程前の事である。漆黒の背景にブルーやグリーン、オレンジなどの鮮やかな色彩で花鳥が描かれたその神秘的な美しさに目がクギ付けになった事を今も鮮明に覚えている。19世紀の欧米の大都市で開催されていた万国博覧会の日本館の展示室に並ぶ七宝を見て欧米人達が度肝を抜かされた事は容易に想像出来る。七宝の歴史を変えるほどのこのような美しい七宝が、開国間もない日本で作られていることに欧米人たちは驚き、並河靖之の作品などは梱包を解く前に競売にかけられ、高値で売り切れたと言われている。
 明治の七宝は欧米人が高値で買うため、日本人の目には殆ど触れることもなく、海外に流出していった。国内で殆ど唯一の購入者は、明治天皇、宮内省(現、宮内庁)であった。それは明治天皇が個人的に七宝作品がお好きだったからであり、宮内省は海外から来られる国王や大統領へのプレゼント品として購入していたからである。
 明治の七宝を作るには高度な技術が必要で、今はもう誰も作ることが出来ない。仮に作れたとしても、おびただしい労力と時間を必要とするのである。
 世界の七宝美術の頂点に君臨する明治の七宝を収集して20年、日本人の間でも認知され、正しく評価されることを願って止みません
清水三年坂美術館館長 村田 理如



特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。