清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2009.8/28(金)〜 11/23(月・祝)
 本物そっくりの栗、剥きかけの蜜柑、ヘタの付いた柿等々、明治の牙彫・木彫は実にリアルで細緻で、見る者を驚かせる。よくもここまで作れたものだと感心せずにはいられない。
人を驚かせること。それは明治の職人たちの生き甲斐であった。細密彫刻の歴史を辿れば、江戸中期頃から始まったのであろうか。根付に代表される細密彫刻は、江戸後期になるとますます細密になり、その細密さは煙管筒や印籠などにも見られるようになる。
法師狸 / 高村光雲
Houshi-danuki / TAKAMURA Koun
H28.0cm
 
蓮根に蛙 / 石川光明
A frog on a lotus root / ISHIKAWA Komei
L40.0cm
 
牡丹根付 / 大内玉藻
Netsuke of a peony / OUCHI Gyokuso
L4.0cm
 
鮭根付 / 加納鉄斎
Netsuke of a salmon / KANO Tessai
L12.0cm
 長い間の鎖国が解かれて明治に入ると、欧米文化の影響を受け、仏師であった高村光雲(1852-1934)や煙管筒の彫師であった石川光明(1852-1913)が実にリアルで生き生きした動物や気品に満ちた人物像を作り始める。
  今展では、高村光雲や石川光明の他、同時期に活躍した根付師・森田藻己(1879-1943)とその一派、そして旭玉山(1843-1923)らの、およそ人間業とは思えない技巧が駆使された作品の数々を展示する。



● 「超絶技巧の明治の牙彫・木彫」展図録

   英語訳付 p.64/A4判  \1,890(税込)
   高村光雲、石川光明、旭玉山、森田藻己他、全67作品をご紹介。
   ※当HPオンラインショップでご購入いただけます。



特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。