清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2008年5月30日(金)〜8月24日(日)
並河靖之(1845-1927)は川越藩近江領の代官・高岡家の三男として京都に生まれた。11歳の時、縁者の並河家当主が急死、その養子に入るとともに家業を継ぐこととなり、青蓮院宮家に仕えた。明治6(1873)年にはその傍らで七宝の制作を始め、明治8年には京都博覧会に出品する。
作品の繊細さ、優美さ、品格、色彩感覚、画面の構成力が海外で非常に高い評価を受け、国内外での万国博覧会や内国勧業博覧会などにおいて、数多く受賞を重ねた。また作品のほとんどが海外の富豪や美術館に高値で買い取られ、当時の日本人には到底手の届く価格ではなかった。
花鳥図花瓶 16.5cm
鳥に草花図花瓶 18.0cm
蝶図香合 6.0cm
菊唐草文花瓶 16.0cm
紫陽花図飾り壷 8.0cm
蝶に草花図飾り壷 8.8cm
撮影/木村羊一
明治29(1896)年に帝室技芸員に任命され、宮内省(現宮内庁)に納めた作品は海外の要人に贈られたため、作品は自らの工房を除くと日本にはほとんど残っておらず、たまに日本で見つかる作品も明治天皇からの御下賜品が大半である。
美しい金線や銀線で複雑に装飾された枠の中に、赤や緑や青の色が黒や濃紺を背景に鮮やかに浮かび上がり、花や鳥などの文様が幻想的な雰囲気をたたえる並河の作品は、見る人を別世界に引き込んでいく。しかも今から百年以上も前に作られたにも関わらず、今造られたばかりのように美しく、意匠もまったく古さがなくあか抜けている。
有線の美しさにこだわり続け、七宝を工芸品から芸術品へと昇華させた偉大な七宝作家、並河靖之の作品をどうぞご高覧下さい。



特別展・企画展 過去の目次に戻る



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。