清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク





〜百年振りに里帰りした名品を公開〜

2007.5.30(wed)〜8.26(sun)

 美術のジャンルの一つに細密美術がある。特に有名なのはペルシャ(イラン)やムガール(インド)の細密画(ミニアチュール)である。人々はより手の込んだもの、細密なものを愛するのではないだろうか。細密にすることがより美しさを増すというジャンルの話ではあるが・・・。見る側はその途方もない繊細な技術や忍耐力に驚き、作る側は誰にも真似できないほどの技を誇りに感じる。それが細密美術の世界である。
 日本においては、ペルシャやムガールのような細密画は発展しなかったが、むしろ七宝や金工において細密な世界が日本独自に発展した。細密画に近いものをあげるなら、その代表格は薩摩焼であろう。
  薩摩焼は、桃山時代に薩摩や大隈(鹿児島県)の窯で朝鮮半島の陶工たちによって始められた焼きもので、日本が初めて参加した慶応3(1867)年のパリ万国博覧会では、単独で参加した薩摩藩が薩摩焼を出品し、高い評価を受けている。その後、京都・大阪・名古屋・東京・横浜などでも薩摩風の絵付けの焼きものが流行し、その多くが輸出されることで海外における「SATSUMA」は日本陶磁の一ブランドとして定着することになる。まだ工業製品を持たなかった当時の日本にとって、「SATSUMA」は他の陶磁器や七宝、金工と並んで日本の輸出商品の花形であった。特に京都の粟田口周辺で作られた京薩摩は、文化の拠点だった京都ならではの美的センスが活かされているため、構図が美しく人気が高かった。当時、数多くあった「SATSUMA」の窯の中でも、京都の錦光山と大阪の藪明山は、優れた作品を生み出すことで知られ、窯がなくなった今もなお、世界中に愛好家は多い。
  この度は、およそ百年振りに日本に里帰りした京薩摩の名品の数々を展示いたします。それらの華麗な色彩と精緻を極めた描線の世界をどうぞご観覧下さい。

色絵金彩蝶菊尽し茶碗
藪 明山製 / YABU Meizan workshop
撮影者:木村羊一
色絵金彩浦島太郎貝合わせ 内側
陽山製 / YOZAN workshop
撮影者:木村羊一





清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。